100万円〜200万円の高額借入れなら銀行カードローンへ

100万円〜200万円の高額借入れなら銀行カードローンへ

キャッシングをする時には1万円や2万円という少額の借入れをする人もいれば、初めは30万円の借入限度額であったものを借入れと返済の実績を残しながら段階的に増額をし、100万円以上の利用限度額にして利用をする人もいます。それでも100万円以上の借入限度額にして貰うには、相当の期間が必要になりますし、まして利用する会社が消費者金融である場合には総量規制による縛りがあります。総量規制によって消費者金融等の貸金業者では年収の1/3以下までしかキャッシングができません。

 

借入れ先が消費者金融ではなく銀行ならば総量規制の影響を受けない為に、年収の1/3を超えてもキャッシングが可能になります。高額融資ならば消費者金融ではなくて銀行カードローンの方が向いています。そして銀行は消費者金融よりも低金利となっていますので、100万円を超える借入れに利用をしたい金融機関と言えます。

 

ただし銀行カードローンの審査は厳しいので、必ずしも審査に通るとは言えません。それでも高額融資を希望するのではあれば、まずは銀行カードローンの申込みをしてみると良いです。

 

 

 

【100万円借りる時、それぞれの会社を比較してみる】

 

例えば100万円を借りたい時、どんな金融会社を選択した方が良いでしょうか。消費者金融でキャッシングをする場合、初めから高額の借入れはできないと言っても過言ではありません。先程も触れたように100万円までに増額するには総量規制がありますので、300万円以上の年収が必要となります。

 

また消費者金融で50万円を超えるキャッシングをする時には、収入証明書が必要になります。また他社での借入れを併せて100万円になる時にも収入証明書が必要になります。
それでも銀行ならば300万円までは収入証明書が必要無い所もあります。

 

 

 

 

〈100万円借りると毎月の返済額や利息はどうなる?〉

 

例えば100万円を借りる時、毎月の返済額やそれに含まれる利息はどの位になるか気になるところですが、それは利用する金融機関によって金利が違う為にそれぞれ違って来ます。例えば三菱東京UFJ銀行のカードローンを利用する場合には、どのようになるでしょうか?
こちらの銀行では100万円を借りる時に適用される金利は12.6%となります。100万円を24か月で返済した場合の毎月の返済額は47,345円になります。トータルの返済額は1,136,487円となるので、元金100万円に対して金利で136,487円が掛かった事になります。
更に48か月で返済すると毎月26,629円の返済となり、トータルで1,278,190円を支払う事になります。よって利息は100万円に対して278,190円掛かります。

 

 

 

 

【消費者金融から100万円を借りたい】

 

消費者金融のキャッシングを考える場合、50万円以下の借入れについては消費者金融を利用する場合でも、銀行の場合でもそれ程難しい事ではないようです。初めて利用をする場合でも消費者金融でも多い人では借入限度額に50万円の設定をされる事もありますし、銀行についてもそれ以上の設定額となる事もあります。それでも100万円の借入れとなると50万円の時の様には行かない事もあります。
100万円の借入れの申込みをした時には、更に厳しい審査となる可能性が高いです。特に勤務先や年収などの属性をチェックされますし、信用情報に問題がある人は断られる事が多いですし、他社での借入れについても審査には大きく影響をする事になります。

 

特に消費者金融は少額融資には向いていますが、高額融資となると初めから大きな借入限度額の枠が貰えない為に、何度か増額をして行く必要がある為に簡単な事ではないと言えます。結論を言うと消費者金融から100万円をキャッシングする事は、困難な事と言えます。

借金とは銀行などから金額を自由に考えて借入を申し込む

借金とは銀行などから金額の小さな小口の融資を受けるという意味です。通常のところ、お金を借りようとすると保証人や担保が必須になります。ところが、キャッシングの場合は保証人や担保を準備する必要がないのです。
本人であると確認できる書類があれば、たいてい融資を受けることが可能です。
個人再生にはある程度のデメリットが存在します。

 

一番は高い費用がかかることで、減額した以上に弁護士に支払う費用が上回ったなんて事例もあります。

 

借金と消費者金融の手続きについて

また、このやり方は手続きの期間が長くなるため、減額適用となるまでに長い時間を要することが少なくありません。消費者金融といったところで借金をしている人が行方不明になったケースでは、借りているお金に時効というのは定められているんでしょうか?仮に、あるとしたら、所在不明ということにして、人があまりいない田舎にでも隠れてほとぼりがさめたら現れるなどという発想をする方もいるのではと思うのです。それぞれの金融機関では借用限度額が異なり、小口や即日の融資のみに限らず、300万円や500万円のまとまった融資も受けられることもあります。申し込みから融資までの期間が早く、すぐにお金を手にすることが可能であるため、すごく便利です。

 

カードで借りるというのが一般的です。借金の利用をすると返済の方法が決まっていたり、選択できたりしますが、無駄な利息を多く払いたくなければ、なるだけ短期間で返済できる方法にする方が、利息の金額の点では得することになります。さっさと返しておけば次の利用のときに借り入れがしやすくなります。借金を利用したい時には、一定の審査を受けなければなりません。

 

審査落ちは借り入れができない

もし、審査に落ちてしまうと融資をしてもらえません。審査の基準はキャッシング業者によってそれぞれ異なる基準で、条件の難しいところと甘くなっているところがあります。

 

借金の利息と借入限度額

金融業者の大半が、審査基準の高い方が金利が低く済むなどの良い点があるでしょう。借金の利息は借りた金額によって変化してくるのがメジャーなパターンです。少ない金額しか借り入れていないと高金利になりますし、多いと利子は低くなります。なので、いくつかから少ない金額を借りるより、一箇所の金融機関からまとめて借入れた方が損ではありません。

 

銀行ローンでお金を借りたい場合は口座凍結に注意

銀行でローンを組んでいる場合は、お金を借りたいを行うとその銀行口座が使えなくなることがあります。故に、事前に残金を手元においておいた方がいいです。銀行はダメージを最小限に抑えるために、口座を凍結してそのお金を使えないよう処理します。口座を凍結するなんて人でなしだと思うかもしれませんが、銀行サイドからすれば、そうでなければ困ることなのです。

 

自宅からネット環境を通じて申し込みをすることで即日での借金が実現する

借金で早く簡単にお金を借りる方法は、パソコンやスマホでweb申込みをすると良いです。お店に来店する必要もなく、自宅などでいつもどおり過ごしながら24時間365日どんなときでも申込みできて都合がよいです。web審査もあっというまで約1時間程度で結果がわかるので、即日ですぐに契約手続きができます。(参照:借金 即日)

 

保証人不要で借りれる

しかし、借金の場合ですと保証人や担保が必要ないのです。
本人確認できる書類があったら、融資を基本的に受けることができます。借金のリボ払いは返済しやすい方法ですが、その反面、リスクも高くなります。

 

融資とは金融会社などから小口の資金を借りることです。

 

ふつう、お金を借りるときには自分の他に保証人や担保が必要となることが多いです。
その実、キャッシングの場合は保証人や担保などを用意せずともOKです。
本人を確認できる書類さえあれば、多くの場合、融資を受けられます。任意整理とは、債権者と債務者が相談することで、金利の引き下げや元金だけの返済で可能なように掛け合うという公の機関である裁判所を通さずに借金を減らす手段です。大部分の場合、弁護士や司法書士が債務者の代わりとして話し合う場をもうけ、毎月の支払額を減少させることで、完済できる未来がみえます。

更新履歴